医薬品のネット販売の仕組みが解明した瞬間

医薬品のネット販売は医薬品販売事業の規制緩和が行われることによって実現可能となった新しい仕組みです。その仕組みが解明されるその瞬間までは賛否両論ありましたが、最終的には実店舗で販売している医薬品と同じものしか販売できない他、薬剤師の説明が必要なよう指導医薬品に関しては取り扱うことが出来ない仕組みとなりました。そのため一般の薬局で購入できる商品の通販という仕組みで販売が行われることになりました。
基本的にインターネットで医薬品販売が行えるのは実際の店舗を持っている薬局に限定されています。そのため誰でも医薬品販売を手掛けることが出来るようになるわけではありませんし、薬局で取り扱っていない様な薬品を販売できるものではありません。あくまでもインターネット通販で販売してもリスクが少ないと考えられる商品の中から保健所に申し出て販売許可を取るというのが基本となる流れになります。
一方でインターネットを見渡すと海外の薬品類がインターネットを介して購入できる仕組みが構築されているケースがあります。これはいわゆるネット通販とは異なる仕組みです。日本の法律によって流通が規制されているのは医薬品として登録されている物になりますが、海外の商品に関しては仮に成分が同じものであったとしても個人的な取り寄せに対して法的な規制を加えることはできません。
そのため個人輸入の代行業としてインターネット上での海外の薬品のネット販売が行われている様に見えるケースがあります。しかしこれは法的な認可を受けて行われているネット販売とは異なり、許認可を受けた責任ある企業等が販売しているものではありません。偽物の流通が多く、悪質な手口も多いため、区別して理解する必要があります。